おことわりと免責事項

PageSpeed改善リハーサルは、あくまでレポートサービスです。

お申し込みの前に次の点を確認いただき、同意の上でお申し込みください。

スコアの向上を約束するサービスではありません。

約20通りの決まったプラクティスを事前検証し、効果の有無を選別することが本サービスの目的です。

全体的にデータ量が多い場合や、致命的なボトルネックがある場合など、対象ページによってはすべてのプラクティスで期待する効果がない結果もありえます。

お客様のサイトを実際に改修する作業は含まれません。

実際にお客様のサイトを改修する作業や、そのサポート、担当エンジニアへの技術指導などは含まれません。

プラクティスやレポートのカスタマイズは行いません。

サイト固有の事情があっても、検証の手順やレポートの変更は承りません。

ただし、弊社の判断により改良の提案を申し出る場合はあります。

プログラムのロジックは解析しません。

検証するプラクティスはWebページ個別の仕様に依存せず、多くのWebページに共通して適用できる汎用的な高速化の手法のみです。

プログラムやリソースの参照方法や、配信方法について改善を示唆しますが、プログラムの内容は関知しません。

PageSpeed Insights APIでスコアの計測ができないページは検証できません。

調査できるページは、一意のURLに対するGETリクエストにより、常に誰でもアクセスできるWebページのみです。

例えばログインなどの前提操作を必要とするページや、POSTリクエストにより表示されるページは対象にできません。

スコア改善の再現性は保証できません。

本サービスはできる限り、対象ページと同じ条件を整えてプラクティスを実施しますが、実際のお客様のサイトに同じプラクティスを適用したときに、同じスコアの改善効果が得られる保証はありません。相違がある場合もその違いについて原因調査や検証は行いません。

サーバー側の問題や前提には一切関知しません。

サーバー側のプログラム、Webサーバーの設定、ネットワーク構成などの理解を必要とする作業は含まれません。

あくまで一般的なブラウザの立場で得られる情報をもとにレポートを作成し、質疑には一般論を元に回答します。

ご質問に回答できない場合があります。

Webページの表示プロセスは非常に複雑で、多くの技術領域が関与します。特にSEOとの関係などは正確にお答えできません。

そのときに持ち合わせた知識において最大限の回答をしますが、正確な回答のために裏付けを目的とした追加検証は行いません。

弊社都合により申し込みをキャンセルする場合があります。

調査対象のWebページの技術的な仕様により、検証の起点となる高精度なコピーページを制作できない場合があります。その場合はお客様の意思に関わらず、弊社の判断によりお申し込みをキャンセルさせていただきます。

また、半分以上のプラクティスが実施済みまたは技術仕様により検証困難と判断された場合も同様にキャンセルさせていただきます。

弊社都合によるキャンセルの場合は、作業の進捗に関わらず料金は請求しません。

お客様都合によるキャンセルは半額請求します。

お申込み後にお客様のご都合によりキャンセルされる場合は、理由や時期、事前に共有された前提を問わず規定料金(見積書がある場合は見積金額)の半額を請求させていただきます。